第1展示室 ヨーゼフ・ボイス コレクションより

主な展示作品
「直観」1968年
「Ja Ja Ja Ja Ja, Nee Nee Nee Nee Nee」1969年「黒板消し(フェルト)」1971年
「Celtic + ~~~」1971年
「直接民主主義のためのバラ」1973年
「ferrum (鉄)」1975年
「汚染されたライン川の水」1981年 
「エレメント(銅・鉄板)」1982年
「カプリバッテリー」1985年など。
 その他版画作品等を常設展示。

展示作品の他にヨーゼフ・ボイスの作品やパフォーマンスを記録した写真資料を多数所蔵しております。

CV  ヨーゼフ・ボイス略歴

Noiseless Blackboard Eraser 1974年

 難解と言われる作品を集めた美術館をどうして開館したのかというと、それは1975年にスイス・バーゼルのアートフェでドイツ人作家のヨーゼフ・ボイス(1921〜1986)の「黒板消し」という小さなフェルトで出来た作品をコレクションしたことから始まる。
 ヨーゼフ・ボイスは現代美術を社会改革の手段と捉え、政治、経済、社会、環境に関わるような問題をテーマとした作品でよく知られる。彼の『芸術=資本』という金言は人間の持つ創造性こそが本来の資本であると訴え今なお多くの人に影響を与え続けている。
 その有名なボイスの作品を当時わずか7000円程で購入し、何が私の心を捕えたのかを考えながら、その小さな「黒板消し」との終わりのない対話が今も続いている。美術作品はその表現する素材や形に込めた意味を知れば知るほど興味がわく、それは思考を促す智の泉とでもいうようなものだ。その後、機会がある毎にボイスの作品を収集し、今は当館の目玉コレクションとして常設展示されている。

館長 若江栄戽