開館30周年記念

若江漢字《地中海 ― I・始まり》

2024年 6月6日[木]- 8月18日[日]
10:00-17:30(入館は17:00まで)
毎週:月・火・水曜休館

入館料:一般800円、学生600円(小学生400円)

※ 但し、2024年6月30日[日]は臨時休館になります。ご来館の際はご注意ください。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承ください。

■News 6月9日に行われた、若江漢字氏によるトークイベントをYouTubeにて公開いたしました。

 本展では、若江漢字がこれまで繰り返しモチーフとして作品化してきた宗教の問題について、未発表のインスタレーションを中心に展覧会を構成します。人に寄り添い歴史のあらゆる局面に現れ、その流れに影響をもたらす。その「宗教」とは何か?。人が創造し人によって今日まで伝えられてきたその源泉を作品を通してたどります。


 

MUSEUM HAUS KASUYA 30th Anniversary Exhibition
Kanji Wakae
Mediterranean – 1. Beginning

June 6(Thu) – August 18 (Sun) 2024
10:00 – 17:30 (Last admission 17:00)
Closed on Mondays, Tuesdays and Wednesdays

Admission:
800 yen for adults
600 yen for students
400 yen for elementary school students

The present exhibition will focus on a previously unexhibited installation on the issue of religion, which is one of the motifs recurrently appearing in Wakae’s works. What is religion that is closely related to mankind and influences every aspect of human history? Through his works, we will trace the origins of religion that was created by humans and has been passed down by humans to the present time.